学校・クラブNEWS 詳細

掲載日:2016.11.16

漢詩大会 本校2年生女子が最優秀賞受賞!

第8回 諸橋轍次博士記念漢詩大会において、本校2年E組大学進学コース 吉田さんが最優秀賞を受賞しました。

本校生徒が2年連続で入賞しています。

なお、11月13日に表彰式が行われました。

img_0357

(詳しくは下記をご覧ください。)

 

「第八回諸橋轍次博士記念漢詩大会」
                              
   【最優秀賞・諸橋轍次賞】

 新秋夜坐(しんしゅうやざ) 

涼風送雨一庭収  涼風(りょうふう) 雨(あめ)を送(おく)って 一庭(いってい)収(おさ)まる
蕣葉芭蕉白露浮   蕣葉(しゅんよう) 芭蕉(ばしょう) 白露(はくろ)浮(う)かぶ
喞々虫声灯影淡   喞々(しょくしょく)たる虫声(ちゅうせい) 灯影(とうえい)淡(あわ)く
碧空如鏡月如鉤   碧空(へきくう)は鏡(かがみ)のごとく 月(つき)は鉤(かぎ)のごとし

 
【意訳】涼しい風が雨を追いやって、いつしか庭の中は静かになった。庭の朝顔の葉や、芭蕉の葉には露がきらきら輝いている。コロコロという虫の鳴き声も部屋の灯火もかすかに感じられ、青みがかった夜空は鏡のように静かに広がり、三日月はカギのような形で輝いている。