京華商業の強み イメージ

京華商業の強み

本校は首都圏唯一の私立共学商業高校で、現在では都内で最も歴史のある商業高校の一つです。
実学(実務)教育を主眼として、知識や技術、社会の仕組みを学びます。夢の実現への後押しにも力を入れており、生徒たちは多様な進路を目指すことができます。

社会の仕組みがわかる高校

京華商業は普通科で学ぶ一般教科だけではなく、ビジネスを行う上で欠かせない知識や技術を幅広く学びます。私たちの社会は、ものを作る、ものを買うというお互いの存在抜きには語れません。その両者を結びつける仕事が商業活動、つまりビジネスです。本校の学びを通して、実際の社会で本当に必要な知恵と行動力が身につきます。

夢を実現させる高校

資格検定対策

簿記専門学校や大手予備校とのタイアップで実践的なカリキュラムを導入し、社会人でもなかなか受からないような各種ビジネス系上級資格の取得にもチャレンジしています。実際、多くの先輩が「全商簿記1級」「全商情報処理1級」などの上級資格に合格し、希望進路へ進むチャンスをつかんでいます。

年間スケジュール

本校は「こころ」と「からだ」で感じる体験学習も大切にしています。体育祭や文化祭、修学旅行はもちろん、鑑賞教室でも、映画鑑賞、古典芸能(能、狂言、歌舞伎)鑑賞、音楽鑑賞などを通して感性を磨きます。その他にも、実際の企業で貴重な就業体験ができるインターンシップなど刺激的で役立つ行事がいっぱいです。

インターンシップ

学校では学ぶことができない社会体験として、企業やお店など実際の職場での就業体験を通して「仕事とは何か?」を学ぶ試みがインターンシップ制度。それを京華商業では都内の私立高校で初めて採用しました。貴重な体験がキミの将来の選択に生かされることは間違いありません。

幅広い進路が見つかる高校

大学進学

商業高校=卒業後は就職、それはもう昔の話。最近は商業高校生の推薦入学枠を設けている大学や簿記・情報処理の科目での受験を認めている大学が急増し、商業高校は大学進学へのもう1つの道として注目を集めています。実際にたくさんの京華商業生が大学・短大に進学しています。

進路実現率100%

京華商業の卒業生は「進路実現率ほぼ100%」。つまり、将来像をじっくり考えた後で卒業後の希望進路に進むので、フリーターになる人はほとんどいません。最近は夢や目標がハッキリしないまま、卒業後から自分探しを始める人が多いのですが、京華商業生は大学・短大や専門学校、就職、自営など幅広い進路を意欲的に選んで卒業していきます。